2004年7月アーカイブ

二人の石切り職人

 ちょっと前のエントリーの「雑用」がなんだか人気だったようなので、調子に乗って、ぼくの好きな社会起業家フォーラムの田坂広志さんの有名な「二人の石切り職人」の話を紹介したいと思います。

笹塚のおかしさ

 私、京王線のユーザなので、毎日笹塚を通る訳なのですが、その笹塚でおかしな表記を発見。

 電車内で、「次は 笹塚」という電光掲示板がありますが、その英語版があるでしょ?「Next station is Sasazuka.」ってね。ここにも書いてあるけど。

 ここが問題ですよ。Sasazukaな訳ですよ。漢字変換してもらうとわかると思うけど、「笹塚」の「塚」って「づか」だから「ZUKA」じゃ変換できないのですよ。「ささづか」であって、「ささずか」ではないわけです。でも、京王線のローマ字表記は、「Sasazuka」ですよ。おかしい。

 確かに、「Sasaduka」より「Sasazuka」の方がかっこいいんだけど、正確性を求めるならおかしいでしょ。この表記をしている京王も気付いているのでしょうか?正確さよりかっこよさ重視な訳でしょうか?

 なぜだー!知ってる人、プリーズ、テルミー。

 にこにこKIDSという子育て支援サイトに「おれが昔ガキの頃」という企画でやべっちを紹介していただきました。こちら。これで、やべっちのことが少しはわかるかと。(笑)

 そこにお話させていただいたはた坊さんの取材後記がありました。

 先日、千葉県に行く用事があり、千葉県に行ってきました。なぜ千葉に行ったかというと、障害を持つ子どものご両親のためにちばMDエコネットが千葉県と協働で行なっているノーマライゼーション相談事業のセミナーがありました。そこで、せっかくだったので、Nねっとでもニュースで載せた、千葉県の障害者差別禁止条例についてとあるお母さんに聞いてみました。

 タイトルの通りなのですが、ETIC.主催のStyle2004というビジネスプランコンペの一次を通過しました。

 周りの皆さんで、「落ちた。」という話をした人は、ビックリしているかもしれませんが、「ワイルドカード」という歯医者復活ならぬ敗者復活で、一次を通過させていただきました。ちなみに、ワイルドカードに決まったのは、先週の金曜日(9日)。一次通過できなかったとメールをもらったのは、3日です。

 今日は、前々からお知らせしていた通り、四谷中学校に行ってきました。その感想を少し。

 まずは、非常によい活動だと感じました。というのも、自分が小学生、中学生の時なんかは、外部から人が入ってくるというだけで、マンネリ化した授業を楽しくしてくれるものとして、非常に楽しかった思い出がありますが、今は、その外部が地域のNPOなのです。NPOは、非営利だとは言え、きちんとマネジメントされた団体です。それを中学生の段階から接することが出来るというのは、非常に素晴らしいことだと思いました。自分が中学生の頃とは比べ物にならない。(しかし、ここには、地域の大人が子どもを監視できなかったり、教えることが出来ていないという現状もあるのですが。)

 そう言えば、今オフィスを間借りさせていただいているアンドスタッフもやっているコミュニティケア活動支援センター(通称コムケア)のことを全然紹介していなかったし、コムケアが来週から資金助成プログラムをスタートさせるので、ここで紹介したいと思います。

 コムケアは、事務局長の佐藤修さんを中心とした団体ですが、2つのキーワードがあります。以下は、HPより引用です。

自己紹介


矢辺卓哉(やべっち)

田舎で農業・電気通信工事士、東京で障害者雇用支援という田舎・東京を行き来する生活をしながら、エネルギーの地産地消、環境負荷の低い・企業だけに頼らない生き方を模索中。株式会社よりよく生きるプロジェクト代表取締役

「人生を味わいつくせる人を増やす」がミッション。

私が考えるノーマライゼーションについて

障害の表記について

facebook


月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
障害者活躍白書バナー

つぶやき


最近のコメント

笹塚のおかしさ
  • 涼子 : 04/07/21
  • まいごろう : 04/07/21
  • simon : 04/07/21
  • やべっち : 04/07/21
  • どぅー : 04/07/21
ETIC.主催ビジネスプランコンペStyle2004の一次をドラマみたいに通過しました。
  • emura : 04/07/12
  • shimada : 04/07/12
  • kamijo : 04/07/12
  • hirom : 04/07/13
  • 大野圭司 : 04/07/14

最近のトラックバック