2004年9月アーカイブ

 style-TKさんの「障害を持って働くということ」というエントリーのコメントで素晴らしい議論があったので、Trackbackさせていただきました。

 そこでは、障害者という言葉について、


「身体や精神に障害がある人」ではなく「社会にある障害によって不自由している人」

 と定義付けしようとお話されていました。

 ぼくは前に、「障害者のために」じゃない。というエントリーを書いたことがあります。そこでは、


私達にも『ここまでは「障害」』そして「障害=できない」というイメージがこびりついているのでしょう。そして、このイメージが社会的不利につながっているのです。

 と書きました。「障害者」=「身体や精神に障害があり、できない人間。」と定義付けされていないか?それが、障害のある人の社会参加や理解を促すことができない要因になっているのではないかと思っているのです。

占ってみました。

 何かすごい当たるとのことだったので、占ってみました。占ったら、ビックリでした。あってる、うん。

 で、占いはこちら。で、結果は、、、

獅子座AB型男性のあなたは空のように心が広く、海のように深い知的魅力を備えた情熱家

空のように心が広く、海のように深く考える知的な魅力にあふれる男性。といっても暗く沈みこんだタイプではなく、あくまでも陽気で輝くような情熱をプライドの持ち主。計算され尽くしたスマートな社交性は、周囲の女性をトリコにする素質十分。

トリコにできていませんが、何か?

話題も豊富で落ち着いた話し振りは、女性のハートを捕らえて話しません。

話しませんって、喋ってないやん!ってか、離しませんだろ。
ってか、もしかしておれが気付いてないだけで、話し振りでハート捕らえてる??
どうよ?女性陣??(笑)

あらゆる本を読み、あなたの読書量は相当なもの。それがまたあなたの人柄にプラスしているのです。ですがややもすると、批評家的になりやすく、理屈っぽくなり煙たがられる傾向も大いにあるタイプ。欠点はただ好き嫌いがはげしいこと。反省が必要かも。

嫌いなものは嫌いです。でも、好きなものは好きなのです。

女性との付き合い方は、とてもスマートで、寛大な包容力のある男性。取り巻く女性は多く人気も抜群。たくさんのガールフレンドの中で、意外と深く付き合う女性は少ないのです。というのも批判精神に長けているので。自分の好みのタイプでないとどうしても心を開く気になれません。

当たってるのが、むかつくわ。(笑)

お気に入りの女性に出会い、その恋に真実の炎を燃やすには、長い年月と、自分自身の納得が必要。本当に「ウルサ型」という呼称がピッタリ。

余計なお世話じゃー!!

結婚に関しても同じ事で、まずあなたをよく理解してくれて、いつも自分中心でいられるような女性を、と目を光らせています。夫になれば情熱的で誠実な愛を妻子の上に降り注ぐ男性。

おれもそう思う。(笑)

独力で自分の人生を切り開くタイプ。あなたがその能力を発揮できるのは、人の上に立ちながら、人に自分の考えを伝えることで、いつのまにか人を感化してしまうというタイプの仕事。縁の下の力持ち的な仕事についている限り、仕事のやり方や考え方で衝突し、職場の風当たりも強くなり、あまり自分のためになりません。強い理性で人を引っ張っていく力を持ち合わせているので、経営や政治家、官僚関係といった職業で成功する男性。

よくわかってんじゃん。(笑)

肝臓機能が普通の人より低下しているのがチョッと気になります。やはり一番の原因は疲労。無理がの利くは若いうち。もう少し自分の健康管理に、目を向け、中年以降は定期健康診断などを受けることを忘れずに。

はい、了解しました。

相性


相性の良い女性は天秤、双子座のA、AB型と獅子、水瓶、牡羊、射手座のA型女性。これらの女性は、男性の激しい情熱に対して、辛抱もしますし、また粘り強く愛に合わせる研究など、自然にでき、楽しい二人の愛の姿を築いてゆけるとても相性の良いカップル。

えー、天秤、双子座のA、AB型と獅子、水瓶、牡羊、射手座のA型女性は我が家に大集合です。(笑)

逆に相性の悪い相手は、牡牛、蠍座のO型と蟹、蠍座のAB型女性。会えば必ずケンカで、彼女達は避けたほうが無難。

牡牛、蠍座のO型と蟹、蠍座のAB型女性は気をつけてね。(笑)

何か当たりすぎてて、むかつくわー。(笑)

社会起業家―社会責任ビジネスの新しい潮流
斎藤 槙
岩波書店 (2004/07)
売り上げランキング: 3,357
通常24時間以内に発送します。
おすすめ度の平均: 4
3 意識の変化が社会を変える
4 企業もNPOも
5 「よいアメリカ」を知る

 連続エントリーですが、どうしても書きたかったけど、時間がなくて書けていなかったので、書きます。

 この本は、佐藤修さん、島田くん(ブログ見れないよー。)から紹介してもらっていた本ですが、今後の企業は、利益第一ではなく、共感を呼ぶビジネスこそが必要なことだと思うが、そんなことを事例を交えながら、書いてある素晴らしい本です。

金持ち父さん貧乏父さん
ロバート キヨサキ 白根 美保子
筑摩書房 (2000/11/09)
売り上げランキング: 391
通常24時間以内に発送します。
おすすめ度の平均: 4.02
4 親子の関係が良いです
5 何か一つでも光るものがあれば上出来
4 「人生の元手」を見直す本

 今ごろ「金持ち父さん貧乏父さん」を読みました。この本が最も流行っていたのは、今年の1月、2月くらいか。その時は、CNETで働いていたので、編集長とかが「ラットレースから抜け出さなければ。」と言いながら、日経株価を気にしていたので、「何だろうなぁ。。。」と思っていたが、この本を読んで納得した。

昨日連絡がきました。ETIC.主催のSTYLE2004の2次審査の結果が。残念ながらファイナリストにはなれず。

 ちなみに、STYLE2004を知らない人のために説明をすると、日本で初めてのソーシャルアントレプレナー、つまり社会起業家(社会問題を事業を使って解決する起業家)のブラッシュアップコンペティションです。STYLE2004のHPによると、

スタイルは、「ブラッシュアップコンテスト」です。エントリー時のフォーマットでは、必ずしもいわゆるMBA的な事業計画書を求めてはいません。たとえこれまで経験がなくとも、どうしても取り組んでみたい自分の気持ちにチャンスを与える初めての挑戦の場として、ぜひご利用下さい。

と自分が一人の個人として、社会や地域における課題の解決を目指したプランを募集しているのです。もっと詳しく知りたい人はこちら

 で、話を自分に戻すと、感想としては、ここまでよくやったなぁと思っている。2次プレゼンの時点で、ファイナリストは無理だなぁと感じていた。それは、事業としての具体性が見えなかったからである。それは、自分が具体的にまだ始めていないことが要因である。だから、2次審査が2ヵ月後くらいだったらファイナリストになれたかもしれないと感じている。

 2次審査書類の〆切の8月20日の一週間前に事業プランを書こうと思っても書けない自分がいて、何が問題なのかわからなくなっていた。障害のある人の問題は山積しているのに、何から手をつけていいのかわからない自分がいた。ほぼ藁をも掴む思いで、実家に帰ることに決めた。そもそも自分の問題意識の発端である、妹に会うために。

 このエントリーでもお伝えしたように、自分の中で、解決しなくてはいけない問題が湧き上がってきた。この時、8月18日。〆切まであと2日。(笑)コムケア佐藤修さんにご協力していただき、何とか実家で2次書類が出来上がった。

 その後も、NEC学生NPO起業塾で、ETIC.の方と何度もお会いして、ブラッシュアップを重ねました。しかし、その時も感じていましたが、自分はまだ実際に何もやっていないので、事業の核である、何を強みにしていくのか、もう一歩進んだ具体性を掴むまではいきませんでした。それが、NPO起業塾でも、STYLEでも通過できなかった最大の点だと思っているので、それは、今後具体的に進めていって、掴んでいきたい。

 ワイルドカードでSTYLEを通過してから、本当に濃い時間を過ごしたと思っている。色々悩んだ時期もあって、プライベートでも色々あったが(苦笑)、よい夏だった。周りの学生が最後の夏とばかり海外に旅行に行ったり、遊んでいるのを見聞きしていても、全然うらやましくなかった。むしろ、おれの方がいい人生を送っていると実感していた。

 スタイルが最終ゴールではない。2次プレゼンを見て、「こいつらがファイナリストになるんだったら、しょうがない。」と思える人たちばっかりだったし、むしろ、この人たちに会えて、本当によかったと思っている。だから、今後も自分のプロジェクトは進めていこうと思っている。

 しかし、最近思うことは、事業って難しい。まず、事業の中身を作り出すことがすっごく難しくて、授業で事業コンセプトだ、経営理念だって習ったけど、やっぱり自分でやると難しさが実感できる。(苦笑)そして、事業内容ができても、それを実行するのももっと大変なんだな。(笑)がんばりまーす♪

 今雨が降っているので、止まないかなぁとちょっと様子見しているので、もう1個、書いてみる。

 実家から二十世紀梨が届いたわけだが、オフィスに持ってきて食べている。梨は切って食べるわけだが、オフィスにいる人の分も切ってあげている。切って、自分だけ食べるわけにはいかないしね。それよりも、自分が育った地の名産を東京の人に食べてもらうということは、嬉しいことだし、みんなで食べることは楽しいのだ。

 だから、家ではめんどくさくて、梨を食べない。それは、切って一人で食べても楽しくないからである。料理も一緒だと思うけど、どんなにめんどくさい料理でも、自分ひとりで食べるんじゃなくて、一緒に食べてくれる人がいたら、どんなにめんどくさい料理でも気合が入るし、楽しいものだと思う。

 その人が喜んでくれる顔、おいしいと言ってくれることを想像しながら切っているのは楽しい。でも、基本的に皮をむくのは、めんどくさい。だから、1人では楽しみは半減するので家で梨は食べないのだ。

 だから、梨がほしい人あげます。それか、家かオフィスに来てくれたら、梨を切ってあげますよ。一緒に梨を楽しみましょう。(笑)

 ってか、雨は止みそうにないので、諦めて帰ります・・・。

自己紹介


矢辺卓哉(やべっち)

田舎で農業・電気通信工事士、東京で障害者雇用支援という田舎・東京を行き来する生活をしながら、エネルギーの地産地消、環境負荷の低い・企業だけに頼らない生き方を模索中。株式会社よりよく生きるプロジェクト代表取締役

「人生を味わいつくせる人を増やす」がミッション。

私が考えるノーマライゼーションについて

障害の表記について

facebook


月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
障害者活躍白書バナー

つぶやき


最近のコメント

最近のトラックバック