2013年8月アーカイブ

三宅洋平さんの選挙フェスでの発言を元に、このようなツイートをさせていただきました。

このツイートに関して、このようなご意見をいただきました。

今回はこのツイートに関して、さすがにTwitterの140文字では説明できないので、遅くなってしまって恐縮ですが、ブログで返答します。

今回も冷やし中華ではなく、クラウドファンディングはじめました。

クラウドファンディングとは?

私はこんなことを夢みています。

営利、非営利問わず、様々な組織がこぞって、雇用率に関係なく様々な障害のある人と一緒に働いています。

それはなぜか。障害者を雇用しない組織は恥ずかしいという常識ができているからです。

それはなぜか。障害者を活躍させられない組織は、健常者が活躍できるはずがないという通念ができているからです。

だから、障害の部位や程度を問わず、様々な組織が、様々な障害のある人と一緒に働いているのです。

私はこんな世界を夢みています。

その第一歩がこのプロジェクトです。

私の夢に共感できる方は、ぜひ応援をお願いします。


readyfor.jpeg

障害者の働きがいを考えるシンポジウムを開催したい!

冷やし中華ではありません。裸踊りをはじめました。

この動画をご存知でしょうか。

見れない方のために文字起こししました。

裸の男とリーダーシップ

リーダーシップやムーブメントについて、かなり詳しい人も

これからたった3分間の映像を一緒に見て、どのような教訓があるか考えてみよう


リーダーとはたった1人で立つ勇気が必要だ

そして、バカっぽく見える


成功のカギは、リーダーは単純なことしかしないことだ

フォローされるよう、リーダーはわかりやすく!


ムーブメントの運命をにぎる、最初のフォロアーが来た

最初のフォロアーは、人々にどうフォローしたらよいか示す


リーダーは、彼を自分と上下関係なく受入れる


最初のフォロアーが、友人たちを手招きすることに注目しよう


最初のフォロアーになるのは、勇気がいる

最初のフォロアーになるのは、目立ち、おバカになること

最初のフォロアーは表に出ない形のリーダーシップだ


最初のフォロアーは、単なる1人のバカをリーダーに変える

リーダーの火を大きく燃やせるのは、最初のフォロアーだ


フォロアーが2人に増えたぞ 転換点だ

最初のフォロアーが、いい仕事をした証拠だ


もはや1人のバカではない 3人はニュースだ

ムーブメントはみんなのものにしよう

リーダーだけが注目されるのではない


人々は、まねをするのにフォロアーを見るのだ


さらに2人、3人と増えていく ついにその時がやってきた

臨界点を超えた!ついにムーブメント発生!


新しい人々にとって、もはやリスキーではない

今まで参加をためらっていた人も、どんどん飛び込んでくる

新しい人は、バカにもされず、変人扱いもされない


急いで間に合えば、あなたも仲間に入れる

もはや参加を拒む理由がなくなっている

今や飛び込まない方が、バカにされ、リスキーだからだ


紳士淑女の皆さま、こうしてムーブメントは生まれるのです


いよいよ今回の教訓のまとめに入ろう


もしあなたが裸の男をたった1人でやるのならば、

最初の数人のフォロアーとあなたは上下関係なく、

大切に接しなければいけない


ムーブメントのありとあらゆることを明確に!

ムーブメントはみんなのものにしよう

フォローされやすいようにわかりやすく!


そして最大の教訓だが、お気づきになっただろうか?


リーダーシップは、称えられすぎているのだ

最初に裸で踊った男は、名声を得られるかも知れないが、

この映像であなたは見ただろう


単なる1人のバカをリーダーに変えたのは最初のフォロアーだ

最初のフォロアーなくしてムーブメントなし


「皆がリーダーになれ」は、実は能率が悪い話かもしれない


ムーブメントを創る最善の道は、勇気を持って飛び込み、

他の人にフォローする方法を示す事だ


もし、すごいことをする1人のバカを見つけたら、

立ち上がり、飛び込むガッツを持とう!!!

自己紹介


矢辺卓哉(やべっち)

田舎で農業・電気通信工事士、東京で障害者雇用支援という田舎・東京を行き来する生活をしながら、エネルギーの地産地消、環境負荷の低い・企業だけに頼らない生き方を模索中。株式会社よりよく生きるプロジェクト代表取締役

「人生を味わいつくせる人を増やす」がミッション。

私が考えるノーマライゼーションについて

障害の表記について

facebook


月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
障害者活躍白書バナー

つぶやき


最近のコメント

最近のトラックバック