1'雇用: 2010年9月アーカイブ

 現在、先日お伝えしたように、#s_needsを使って、Twitterで情報を集めている訳です(該当ツイート)が、企業に必要な障害の配慮とは何か?というご質問をいただいたので、これは私の経験上わかることがあるので、ここに記載していきたいと思います。

 企業が準備しなくてはいけない障害の配慮は2つあると私は考えていますが、皆さんは何だと思いますか?

 珍しく連続で投稿します。このたび、障害のある方の就職相談を開始することにいたしましたので、お知らせいたします。

 詳細はここ(現在相談は受け付けていません)を見て下さい。私の相談の特徴は、就職という手段を通じて、あなたの興味、強みを引き出し、あなたが本当にやりたいことはなにかを引き出すことです。

 就職にはやりたいことなんて必要ないって思う人もいるかもしれません。しかし、働くこととは、1日の時間の半分近くを使うものです。であれば、その時間を本当に自分がやりたいことに費やす方がよっぽど生産的ですし、精神衛生上もそちらの方が必ずいいはずです。

 私の就職相談を通じて、1人でも多くの障害のある人が、本当にやりたいことを見つけ出し、働くに喜びと感謝があふれる社会を作りたいと考えています。

 お気軽にご相談いただければ幸いです。

自己紹介


矢辺卓哉(やべっち)

田舎で農業・電気通信工事士、東京で障害者雇用支援という田舎・東京を行き来する生活をしながら、エネルギーの地産地消、環境負荷の低い・企業だけに頼らない生き方を模索中。株式会社よりよく生きるプロジェクト代表取締役

「人生を味わいつくせる人を増やす」がミッション。

私が考えるノーマライゼーションについて

障害の表記について

facebook


OpenID対応しています OpenIDについて
障害者活躍白書バナー

つぶやき


最近のコメント

最近のトラックバック