2'映画の最近のブログ記事

今更ながら「ツレがうつになりまして。」を観る。

夫婦愛、人間愛が溢れる映画でした。


IMG_0714.PNG
中でも共感したのは、こんな感じのセリフ。

「なぜうつ病(ネガティブなこと)になったかではなく、その意味を考える」
「うつ病(ネガティブなこと)は本当の自分が見つかる一番いい方法なのではないだろうか」

自分もそういう生き方をしたい。

ちなみに、宮崎あおいがとってもかわいかったw

IMG_0717.PNG

永遠の0を改めて観た。


いろいろご批判はあるようですし、私自身も作者は好きじゃないけど、好きな映画。



スクリーンショット 2015-08-01 0.59.37.png


戦争映画というよりも、恩送りの映画だと思う。


もし何かしらの事情で自分が家族を守れなくなった時、家族を守ってくれる人を作れる(独善的ではなく、人の想いをつなぐ、恩をつなげる)生き方を問うことが主題の映画だと思っている。


そもそも主人公が特攻で死ななければならなかった日本の戦争戦略はおかしな話だし、その点を批判することなく、個人の生き方に矮小化することは、確かに戦争賛美と捉えられてもしょうがないと思う。


だけれども、ただ個人の生き方として、とても素晴らしい表現をしている映画だと思う。自分もこういう生き方がしたいと思う。


ということで、永遠の0は戦争映画ではないと思う。個人の生き方の映画として観ることが大事じゃないかと思います。

マレフィセントを観た。


11221505_962551393787436_4985505563691952591_o.jpg



眠れる森の美女で呪いをかけた魔女の物語。


彼女も呪いをかけざるを得なかった過去があった。


誰しも、表もあれば裏もある。


11794260_962551420454100_8587748515894206567_o.jpg


真実の愛は男女の恋愛ではなく、相手を思う心なんだな。
アナ雪といい、最近はこういう映画が多いね。良いことです。

やっとチョコレートドーナッツ観た。


ゲイカップルがダウン症の子どもを育てようとするストーリー。

ゲイカップルの愛のある家庭で育つ子どもと薬物中毒の母親の元で育つ子ども。どちらが子どもにとって有益かは誰の目にも明らか。しかし、ゲイカップルという偏見や生みの母親が優先されるという法律がそれを許さない。

 Twitterでは、かなり書いているのですが、映画「沈まぬ太陽」を先週末に見てきました。結論から言うと、全日本人に見てほしいと思う映画だった。

 渡辺謙が自ら恩地の役を射止めるために、山崎豊子に直接アプローチしたとのこと。そして、公開初日には映画の公開に対して、号泣。そして、私は映画の最中に3回号泣。「魂が、震える」というキャッチコピーも伊達じゃない。今は「魂が、震える」という言葉を見るだけで、感極まってしまう。

 ただただ、恩地(主人公)の信念を曲げない姿に感動し、今この映画がこのタイミングで放送されることに運命を感じる。3時間22分(途中10分休憩)と数多く上映できない映画だからこそ、多くの人に見てほしい。

 今回は、恩地の信念を曲げない姿と、今この映画がこのタイミングで放送される運命について書いていきたい。

 先日のエントリーで書いた同居人にあげたDVDである「アバウト・ア・ボーイ」を先日1人でひっそりと見てみました。

 物語は、ヒュー・グラント演じる親父か祖父が作ったヒット曲の印税で食っていける仕事をしたことがなく、「人は孤島だ」と考える男が、とあることがきっかけで子供と接することになり、その子供の純粋さから、心を開き、ある女性に恋をし、人生とはどういうものなのか気付いていくという話です。

 その男がある女性に恋をしたとき、彼はこう言います。

 「Blank.(空っぽだ)」

 今まで仕事もしたことがなく、人生は1コマ30分と考える男が、本気で好きになった人と話をしたときに、自分はなんて「空っぽ」なんだと気付くのです。自分の人生がいかに苦しさもなければ、楽しさもないと気付くのです。これはぼくの心に響きました。

パッチ・アダムス

 9月中旬に入りすっかり秋らしくなった今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。秋といえば、スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋など、皆さんによっては「秋」というフレーズで色々な言葉を思い出されるかと思いますが、今年の秋はどのような秋にしようとお思いですか?

 ちなみに、私は「映画の秋」にしようと思っています。友人から薦められた映画、見たかったけど見てなかった映画、最新作まで映画三昧の秋にしたいと思っています。昨日、その第一段階として、友人から薦めらた&見たかった「パッチ・アダムス」をDVDで仕事終わりに見てみました。

ラブ・アクチュアリー
ラブ・アクチュアリー
posted with amazlet at 05.09.11
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2004/06/23)
売り上げランキング: 96
おすすめ度の平均: 4.66
5 大好きな人と、もういちど観たいです。
5 最高!
5 ヒースーロー空港の幸せ
 会社の先輩に
「恋したくなる」
 と薦められてみたDVD。この土日で2回見ました。恋がしたくなりました、いや恋しました。

自己紹介


矢辺卓哉(やべっち)

田舎で農業・電気通信工事士、東京で障害者雇用支援という田舎・東京を行き来する生活をしながら、エネルギーの地産地消、環境負荷の低い・企業だけに頼らない生き方を模索中。株式会社よりよく生きるプロジェクト代表取締役

「人生を味わいつくせる人を増やす」がミッション。

私が考えるノーマライゼーションについて

障害の表記について

facebook


2'映画: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
障害者活躍白書バナー

つぶやき


最近のコメント

最近のトラックバック