1'野球の最近のブログ記事

赤星

 「新庄さんが抜けた穴は、僕が埋めます」

 阪神タイガースの4番として、HR28本、打点85という数字をあげ、阪神の名実ともにリーダーとなりつつあった新庄がメジャー移籍を決めた年の新入団選手会見の際、そう言った新人選手がいる。

 それは、赤星憲広(外野手、背番号53)だ。

 「赤星が出塁すれば点が入る」と思えるワクワクをくれる選手で、阪神タイガースの中でも1,2位を争うくらい大好きなこの選手が、今日引退することを発表した。

 彼は、身長は170cmとプロ野球の中ではかなり小さく、非力で、バッティングを行っても、なかなか外野にボールが飛ばなかったと言われており、なかなかドラフト候補にならなかったと聞いている。

 そんな彼が、どうして、プロ野球人生9年間のうち、打率3割以上を5度、盗塁王5回、新人王を獲得し、ファンからは「レッドスター」と呼ばれ、ファンの人気を集めるようになったのか。

 プロ野球選手になったビッグマウスの選手が大成しない姿をファンはよく見ている。プロでは通用しないと言われた小さい体の彼が本当に新庄の穴を埋められるのか。多くのファンが疑問視する中、彼の誰にも負けないものが彼を甲子園の舞台へ導いていく。

 彼が誰にも負けないもの。それは、足の速さ。そしてそれ以上に、誰よりも負けないものは、まっすぐで素直に考えることができる彼の性格だと私は思っている。

濱中おさむ

 皆さん、濱中おさむというプロ野球選手がいるというのはご存知だろうか。我らが阪神タイガースの外野手です。かの有名なヤクルトの古田に「今後のプロ野球を背負って立つのは、岩村と濱中」と言わしめたほどの逸材です。

 そんな濱中ですが、濱中が注目されだしたのは、野村監督時代。「変化球を打つことに関しては一流だ。」ということで目を付けてもらい、だんだんと世間(阪神ファンの間?)に名を知らしめていきました。野村監督最後の年には、13本のホームランをかっ飛ばし、一躍有名に。

自己紹介


矢辺卓哉(やべっち)

田舎で農業・電気通信工事士、東京で障害者雇用支援という田舎・東京を行き来する生活をしながら、エネルギーの地産地消、環境負荷の低い・企業だけに頼らない生き方を模索中。株式会社よりよく生きるプロジェクト代表取締役

「人生を味わいつくせる人を増やす」がミッション。

私が考えるノーマライゼーションについて

障害の表記について

facebook


1'野球: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
障害者活躍白書バナー

つぶやき


最近のコメント

最近のトラックバック