4'働くことの最近のブログ記事

 めずらしく朝早く起きたのでブログを更新します。

 ブラック企業について書こうと思います。

 ここ数ヶ月、司馬遼太郎著「坂の上の雲」を読んだ。明治人の気質と官僚政治の腐敗からロシアの敗戦から太平洋戦争への伏線が書かれていて非常に興味深かった。それと共に、明治人の滑稽なまでの楽観主義がまぶしかった。それはこの一文に集約されている。

明治という時代人の体質で、前をのみ見つめながらあるく。のぼってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲がかがやいているとすれば、それのみをみつめて坂をのぼってゆくであろう。

 この本を読む限りでは、明治人の多くは、もちろん様々な悩みがあったとは思うが、嫉妬してしまうほど、全般的には楽観的であり、底抜けに前向きである。

 その後の昭和という時代も経済成長を遂げ、欧米に追いつけ追い越せで正しかったかどうかは別として、その世代の人達には、「白い雲」がみえていたのかもしれない。

 では、平成の時代を生きる我々にとっての「白い雲」とは何か。そして、それはどこで手に入るのか。そんなことを書いてみたい。

 先ほどTwitterでこのようにつぶやきました。

前職で人事制度に関わった時に、労働法は「雇用主と搾取される労働者」構図が前提に作られている違和感があった。確かに歴史はそうだった。しかし、今も脈々と雇用主と労働者にこの考え方が形成されるのは問題。これからは雇用主と労働者が一緒に良いものを作る姿勢が大切。改めて労働法を調べてみる。

 そもそもなぜこのように行き着いたか。前提条件が抜けていると思うので、つぶやいた流れで思うがままに書いてみたい。

 6月から就労移行支援事業所で働くようになりました。そこでの私の役割は、日々訓練される方々をよりよい就職に導くべく、自分の魅力に気づいてもらったり、就職活動のイロハを身につけてもらったりすることです。

 そのため、これから模擬面接をおこない、就職活動を進めていくにあたり、利用者の皆さんの心構えとして必要なことを考えてみました。まぁ、色々な心構えが必要なのですが、一番持っておいてほしいことは、「何のために働くのか?」という答えです。それがある人はぶれないので強いのです。そして、その答えについて、我ながら良い答えが見つかったと思っています。

 そして、これは障害のある人だけに必要な考え方ではなく、どんな人にも必要なことだと考えているし、もし「自分は何のために働くのか?」わからなくなっている人がいたら、参考になればと思います。

最近学んだこと

最近通っているセミナーのテキストにこんなことが書いてありました。

「自分自身を見るためには、鏡を通す必要がある。意識も同じで、自分の心を見るためにも鏡が必要。それは、自分以外の世界、他人です。(略)自分の内面にある欠点を認められないとき、それを外(他人)に見ます。その方がラクだからです。人が悪ければ、自分は自動的に正しくなれるからです」。

ウェストが3cm太っていました、どうもやべです。

体型崩壊の今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は仕事が楽しくなる方法を書きたいなと思います。

そのきっかけになったのは、

セールに行ったら、セール対象外のものばっかり買ったどうもやべです。

とほほな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さてさて、今年の夏まで同居していたやつから入社時にプレゼントされた本をまとめたたまたまファイルを見返す機会がありました。

最近、壁です。

「あなたから買いたい」と思ってもらえるような営業ができていない。

結局、今の営業は、うちじゃなきゃいけない理由はあっても、やべじゃなきゃいけない営業じゃない。

諸先輩方のアドバイスにより、そこまでのやり方や道筋はある程度イメージできているが、お客さん前で実践できず、後悔することも多々ある。

自己矛盾

ソファーが届きました、どうもやべです。

ソファーは気合を入れて買ったので、部屋の中でソファーがやけに浮いている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、突然ですが、忙しいです。
日記を書いている暇があったら寝ろって話です。

最短距離

 昨日は会社終わりに会社の人と飲みに行きました。その帰りに社長と数駅一緒でした。その話の中になんでぼくが8月、9月と目標を大幅に達成できたのかと聞かれました。ぼくは思いつくままに答えたところ、社長にこう言われました。

 「最短距離で、きてるな。」

 10月に入ってモチベーションが↓な、どうもぼくです。うちの会社はベンチャーなので、先月末の会社の目標達成、個人の目標達成の状況を見て、今月の目標を決めるので、今月の会社&個人の目標がわかるのに2,3日時間が掛かります。

 ぼくは、目標が書かれたホワイトボードを見て、ぼーっとする時間がとてつもなく好きで、それを見ながら自分の目標達成率を把握して、これからどう動くか考えるので、その時間がないとモチベーションが↑らないのです。しかも、今は今月の目標もわかっていない状況。そして、半期が終わり、その達成感から多少気も緩んでいます。

最近の仕事について

 最近、仕事のことについて書いていないので、たまには書こうと思います。会社の人にも手抜きばっかりしていると怒られたばっかなので。(笑)

 最近、仕事のことに関してなぜ書かなかったのか、という言い訳からさせてもらうと、めんどくさかったということもありますが、それ以上に仕事内容がどうやって仕事に向かうかという精神論から「目標」→「○○しなきゃいけない」→「○○をいつまでにどうやるか」という風にロジック立てて、論理的に自分で考えて仕事をすることを最近求められています。

 以前ご紹介していた、『入社3年目で勝負がつく77の法則』という本があるのですが、その本に書いてあったことをまとめて、チェック項目にして、2ヶ月に1回チェックしています。今月はそのチェック月なので、早速チェックしてみましたので、メモ。

 ということで、今自分ができていないことをピックアップして、解説。

 入社して一週間が経ったわけですが、最近入社してから気づいたことがあります。土日のうちに書こうと思ったんですが、遅くなりました。で、気づいたこととは、単刀直入に言うと自分がいかに生意気だったか、ということです。

 ぼくはある程度「自分」があると思っていますし、それなりの知識や技を持っているつもりでした。なので、会社内で自分を多少アピールしていました。

 しかし、それと同時並行で、社内で何だか本当の意味で仲間になっていないなぁと感じていました。もちろん、それは会社の人たちが悪いと言うことではなく、自分が何となくそう感じていました。

自分の「強み」とは?

 皆さんは働く上で自分の強みがわかりますか?自信を持って、「私はこれができます!」と言えますか?最近、そんなことをよく考えています。

 別に悪循環はなくなったので、強みがないからと言って、落ち込むようなことはなくて、「どうにかなるだろう。」と超オプティミストなぼくは思うので、全然問題はないんだけど、夏くらいからETIC.の皆さんにも「強みは?」と言われ続けてきていた。ここでちょっと自分の強みを考えてみたいと思う。

二人の石切り職人

 ちょっと前のエントリーの「雑用」がなんだか人気だったようなので、調子に乗って、ぼくの好きな社会起業家フォーラムの田坂広志さんの有名な「二人の石切り職人」の話を紹介したいと思います。

全部ウソ!USO!!
だってこの質問全部逆に書いてたら絶対受かんないじゃんかー!
素の自分さらけ出したら、絶対落ちるってば。
性格診断は会社と自分との適合を知るためのもので、
素の自分で勝負して合う会社に就職するのがいいってよく言うけど、
ネガティブな人が欲しい会社なんてあるのか?
はなはだ疑問である。
http://app.memorize.ne.jp/d/07/65928/2004/02/0030

これじゃあ会社と新人社員のミスマッチが起こって、すぐ辞めちゃうよ。企業に行きたい学生が嘘をついてたら企業側はどう判断すればいいのだろうか?

これは、企業主導の就職活動がもたらした弊害なんだろう。企業に入りたいがために学生は嘘をつく。企業側はその嘘が見抜けず、その学生を採用する。しかし、会社に入ってみると新入社員は何か違うって感じて辞めちゃうんだろうね。

本当の自分のことすべてさらけ出して受かんなかったら相性が悪かったんだよ。おれなら、すべて出したなら後悔はしない。それが例え本当に入りたい企業であっても。

これは逆にいうと学生に自信がないのではないかと思う。自分に自信がないから嘘と言う媚を企業に売ってるんじゃないのだろうか?

本当の自分を伝えてこそ、よい就活だろうし、企業側もそれを望んでいると思う。嘘をついてまで会社に入りたいものなのだろうか?

平成の名経営者

今日の日経の一面に「平成の名経営者」についてのアンケート調査の結果がありました。

<平成の名経営者>
1.カルロス・ゴーン(日産自動車)
2.奥田 碩(トヨタ自動車)
3.御手洗 冨士夫(キャノン)
4.鈴木 敏文(イトーヨーカ堂)
5.永守 重信(日本電産)
6.小倉 昌男(ヤマト運輸)
7.金川 千尋(信越化学工業)
8.武田 国男(武田製品工業)
9.盛田 昭夫(ソニー)
10.孫 正義(ソフトバンク)

ぼくの注目は大好きな経営者、日本電産の永守重信社長です。

自己紹介


矢辺卓哉(やべっち)

田舎で農業・電気通信工事士、東京で障害者雇用支援という田舎・東京を行き来する生活をしながら、エネルギーの地産地消、環境負荷の低い・企業だけに頼らない生き方を模索中。株式会社よりよく生きるプロジェクト代表取締役

「人生を味わいつくせる人を増やす」がミッション。

私が考えるノーマライゼーションについて

障害の表記について

facebook


月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
障害者活躍白書バナー

つぶやき


最近のコメント

仕事が楽しくなる方法
  • やべっち : 07/02/10
  • やべっち : 07/02/10
  • やべっち : 07/02/10
  • やべっち : 07/02/10
  • やべっち : 07/02/10
入社3年目までに勝負がつく77の法則
  • アサオカ : 07/01/15
  • けん : 07/01/15
  • まいこ : 07/01/15
  • かんたろー : 07/01/15
  • momo : 07/01/16
「あなたから買いたい」という営業ができていません。
  • むちん : 06/12/14
  • れいこ : 06/12/14
  • やべっち : 06/12/18
  • やべっち : 06/12/18
  • やべっち : 06/12/18
自己矛盾
  • mimura : 06/08/29
  • はちコ : 06/08/29
  • 暁@宣言済 : 06/08/29
  • れいこ : 06/08/29
  • ゆかちん : 06/09/04
これじゃミスマッチ起きるよ。
  • emura : 04/02/20

最近のトラックバック