7.独り言の最近のブログ記事

好きに生きる自由

お盆休み、本当に自由に遊びましたw

飲んで、飲んで、お墓参りして、サーフィンして、ゴルフして、飲んで。東京の時はこんなにアグレッシブだったかなぁっていうくらい。しかも、ほとんどお金使ってないんだよなぁ。

サーフィン後にぼーっと海を眺めながら、「幸せだなぁ」とつぶやいていました。

田舎で仕事しながら、東京にも行って。すぐ近くに海があって、家族も元気で、友達もいて、バカ話できる会社の人もいて。断食して体重も62kgまで落ちて。

好きに生きる自由を行使しているなぁって。

元来、人間は自由だと思っています。

好きに生きる自由を行使している人もいれば、嫌々の人生を生きる自由を行使している人もいる。

実はみんな望むような人生を送っている。

ちなみに、好きに生きる自由を行使している人と嫌々の人生を生きる自由を行使している人の違いは、「○○だからできない」「○○は難しい」という思い込みな気がする。

難しいことは簡単に考えて、簡単なことは難しく考えようぜ。

理想は持たなきゃ実現しないぜ。理想はなくてもいいけど、生きる姿勢は誰かに見られてるぜ。

なーんてな。

明日からまた仕事がんばろう!
人の1.5倍は働こう。

本日、33歳になりました!

生まれてしまって、生きていて、すみません。


生まれたのが8月だからか、戦争、被曝、平和について、8月になるとよく考えます。


今、平和のあり方が問われているのではないかと思います。武力を用いた平和は、武力で報復されます。友好を用いた平和は永続します。


その平和という状態のあり方が今問われています。私は、抑圧を通じた平和に希望を見出せません。


戦後70年の節目にあたり、ただ平穏な平和ではなく、今我々の平和がどういうあり方で保たれているのか。誰かを一方的に抑圧していないか。よくよく考えていきたいと思っています。


今年1年もどうぞよろしくお願いいたします。

 朝日新聞で「彼女・友人をレンタル、心を満たす 食事やおしゃべり…」という記事を見つけました。

 ニーズがあるところに、ビジネスが発生する訳ですから、このビジネス自体が悪いことだとは思いません。

 人間関係がなくても、お金さえあれば、彼女・友人をレンタルできる。じゃあ、人間関係がなくて、お金もない人はどうしたらいいのでしょうか。

 今日で9月30日です。企業では2011年度の上半期になります。ということで、備忘録を兼ねて、また起業の喜びや苦悩がこれから起業する人の参考になればと思い、私の2011年度上半期の記録を残していきたいと思います。

28歳の決意表明

 もう2週間前になりましたが、8月7日で28歳になりました。お祝いいただいた皆様、誠にありがとうございました。なお、プレゼントとお祝いは年中受け付けておりますので、時期が遅れたからなどと恥ずかしがらずに、ぜひお送りください。泣いて喜びます。

 さて、それはさておき、誰も知りたくないと思いますが、勝手に簡単に28歳の決意表明をします。

 明けましておめでとうございます。先日のエントリーは、本当にさっくりと簡単に今年の抱負を述べましたが、先日のエントリーを書いた次の日の3日に衝撃の出会いもあったため、そのことも合わせて、具体的に今日は今年の抱負を述べたいと思います。

 今年の抱負は、タイトルにもある通り、「捨てること」です。捨てると言っても物ではない。物ではなく、自分の甘えやくだらない欲です。こう考えるきっかけとなったのは、3日にある人に会ったことがきっかけでした。

 明けましておめでとうございます。くだらないブログですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 さて、簡単に今年の抱負を。

 今年は変化の年だと考えています。自分の目指す世の中を実現するため、環境が大きく変化する年になると思います。ちょいちょいご報告できればと考えております。

 本年も皆様にとって素敵な1年となるようお祈りしつつ、自分もがんばりますw

好きな言葉

クレージーな人たちがいる。

反逆者、厄介者と呼ばれる人たち。

四角い穴に丸い杭を打ち込むように

物事をまるで違う目で見る人たち

彼らは規則を嫌う。彼らは現状を肯定しない。

彼らの言葉に心をうたれる人がいる。

反対する人も、賞賛する人も、けなす人もいる。

しかし、彼らを無視することは、誰にも出来ない。

なぜなら、彼らは物事を変えたからだ。

彼らは人間を前進させた。

彼らはクレージーと言われるが

私たちは彼らを天才だと思う。

 

自分が世界を変えられると

本気で信じる人たちこそが

本当に世界を変えているのだから... 

 

Think different.

アップルコンピュータ


さて、仕事に戻ろう。(笑)

 

追伸:
遅まきながら、Twitterはじめてみました。詳細はまた別で記事を書こうと思いますが、楽しそう。ということで、やっている方はフォローよろ。アカウントはこちら

27歳になりました

毎日が誕生日だったら...と思っています。

今年の抱負は、もう少し大人になりたいと思います、ハイ。(毎年言ってる気がするが。。。)

ガンダム見てきた

ガンダム1.jpg 昨日ガンダム見てきた。さすが18m。でかかった。そして、人が多かった。

 でも、なぜ人々はたかがガンダムに魅了されるのか。昔から日本人は大きなものに対して信仰してきたと聞いたことがある。(確か「もののけ姫」情報)山、海しかりで、大きなものに対して、人は憧れや自分ではコントロールできない自然の偉大さを感じるからかもしれない。ガンダムもその1つなのだろうか。

 一緒に行った彼女は特にガンダム好きではないし、ストーリーもよく知らない。じゃあ何で行きたいと思ったのか聞くと、

ちょっと反省...

 仕事中にこっそりブログ更新。どうもやべです。

 ちょっと反省してまんねん。私、やべの役割は、障害のある人のことを身近に感じてもらうこと。「障害者」と「世の中」お互いの腫れものに障る感覚をなくし、フラットにすること。

 障害のある人のことに興味がなくても、「何となく楽しそうー♪」とか「すごくよく理解できる」とか「なんだかよくわかんないけど感動した」とか「もっと知りたい」とか、まぁこのブログで出来る範囲も限られているかもしれないけど、そういう方向性にしたいのですよ。

 そういう意味では、直近では、障害者関連の記事を3つ書いたのですが、見返してみて、この業界にいる人向けの内容になってる気がするんですよ。もっと噛み砕いて、自分に関係あることだと思ってもらい、理解しやすく、とっつきやすい記事にしないとね。

 ちょっとした反省でした。。。

 追伸:素敵な七夕の日をお過ごし下さい♪

記念日

 今日は自分の思うように生きると決めた記念日。

メロンちゃん メロンちゃんがかわいすぎる。メロンパンナちゃんではない、メロンちゃんである。

 メロンちゃんとはどんな存在なのか。そう、実家でマイケルの亡き後、早速猫を飼うことになったそうなのだが、その飼い猫である。

 やっぱり、いきなりいつも一緒にいた存在がいなくなると寂しくなるそうで、早速飼い出したらしい。しかし、マイケルが死んで1週間は早すぎませんか?

大切なあなたへ

 ↑と、とある人から言われた訳ですが、先日は、このことを充分に思い知る出来事がありました。その人は「相手がいることは、相手のことを考えて発言するべき」と伝えたかったようですが、ぼくがその出来事で感じたのは「人は簡単に信じちゃいけない」という言葉そのままでした。(ただ、確かにぼくはペラペラと色んなことを喋るのでそこの部分も気をつけなくてはいけないと思っています。)


 どんなに優しい顔をしていても、どんなに素敵な声をしていても、どんなに博識であっても、どんなに尊敬できても人間は心の底では何を考えているかはわからないし、それを知る術もない。だから、人間は、ほんとにその人が自分に対してどれだけ本気で考えてくれていて、理解してくれているかで相手を判断する。

 でも、本気で考えていてくれて、理解してくれていると思っていた人が自分を裏切っている可能性があると知ったら、どう思うだろうか。自分が相手を信頼して話をしていたことが筒抜けになっているとしたら、どう思うだろうか。

 ぼくは今回の1件で、「人は簡単に信じちゃいけない」と肝に銘じた。ただ、ぼくは人間は性善説だと基本的に考えているし、人を疑って掛かるような人間にはなりたくない。だから、ぼくは人に感謝することにしました。

 人に感謝するとは、尊敬できるところは尊敬し、尊敬できないところは、反面教師として使わせてもらうことだと考えています。例え裏切られたとしても、それを「裏切り」と取るのではなく、人生の糧と考え、その人に感謝する。そうすれば、どんな人とでも良好な人間関係が作れると思う。

 今回の1件は「人は簡単に信じちゃいけない」と教えてもらった。こうやって人って大人しくなって、純粋さをなくし、人を信じられなくなり、オープンマインドじゃない大人になっていくのかなと感じた。

 でも、ぼくが想像していた大人ってこんな大人じゃない。「人生世知辛いからしょうがないよ」「大人の世界なんてこんなもんだ」なんて思いたくない。どんな人が信頼できる人間かなんてわからないけど、ぼくなりに人に感謝しながら、信頼関係の作り方を考えていき、ぼくはぼくの理想の大人を目指したい。

※具体的な話ではなく、見えないところが多いと思いますが、独り言っちゅーことでご理解下さいませ。

それでも・・・

 人間とは難儀なものである。

 先日もラブ・アクチュアリーの感想で「恋愛はタイミング」って言っておきながら、自分はそのタイミングを逃したんではないかと後悔している。

 「あの時こうしていれば。」「あのときこうしたかった。」

 その時点では「そうしなくてはいけない。」「そうしたかった。」ことを自分で認識しているにも関わらず、勇気が出ず、行動に移せない。それを今になって悔やんでいる。自分が情けない。

 そんな後悔をしたって、
 企業の人事担当者に早く人材を紹介しろと言われてプレッシャーを感じても、
 人事担当者の言っていることとWebに載ってる求人内容が違っても、
 給料日まで3000円しかなくても、
 しかも、3000円しかないのにエビスビールをコンビニでなぜか買っても、
 家に帰ってみると靴下に穴があいてても、
 ネクタイをクリーニングに出したのにシミが取れていなくても、
 通信のペン字のお金を払っていなくても、
 NHKの受信料を払えと言われて、「うち、テレビないです。」と嘘をついても、
 23時過ぎまで仕事をやっても、
 23時過ぎまで仕事をやったその帰り道、先に帰って飲んでた先輩に出くわして
 疲れたぼくを見て「ブ男」と言っても、
 iPodminiの「Hold」ボタンが壊れても、
 iPodminiの充電が通勤の往復の時間でさえもたなくなっても、
 少し腹が出てきても、
 背中や首が痛くても、
 次の3連休、男のみで1泊2日の温泉旅行に行くことが決まっても、
 阪神が中日に2連敗しても、
 借りてきたDVDを同居人が実は持っていたことがわかっても、
 人生がネタ人生でも、
 23年間告白されたことがなくても、
 仕事でミスをしても、
 槇原敬之の「どんなときも。」に励まされても、
 家で1人で泣いてても、
 連休明けの仕事が嫌だと思っても、
 仕事でイラついても、
 好きな人の気持ちがわからなくても、
 好きな人が他の人と飲みに行っても、
 泣き言を言える相手がいなくても、
 甘える相手がいなくても、
 仕事でやることが多くても、
 どんなに人生に不平不満を言ったって、

 それでも、ぼくには明日がある。
 それでも、ぼくには仕事がある。

 新卒3年間は突っ走ると決めた。
 だから、ぼくは明日も仕事に行く。

 20代で1000万稼ぐって決めた。
 だから、ぼくは明日も仕事に行く。

 ぼくにはやり遂げたいことがある。
 だから、ぼくは明日も仕事に行く。

 もう後悔はしたくない。目の前をしっかり見て、小さなことにくよくよしたくない。
 だから、ぼくは今の状況に思いっきり感謝して、甘えることなく、今の自分の人生を精一杯生きる。

今会社にいます。

 ただいま、5時56分。会社にいます。会社で徹夜(2時間寝たけど)でした。

 なぜ、会社で徹夜をしたのか。そう、仕事のため・・・と言いたいところですが、仕事ではないのです。明日から1泊2日で社員旅行なのですが、新卒のため、新しく入った人とその社員旅行で出し物をしなければいけないので、その打ち合わせで夜通し会社にいたのです。寝た2時間は床で寝ました。

現実を見つめること

 最近よく思うことがあります。それは、現実を見つめる必要があるということです。仕事を通じて、学び、成長させてもらって、特にそれが必要なんだと、とみに最近よく思います。それはどういうことかというと、理想の自分があります。その自分に足りないものは何かしっかり理解し、そのギャップを埋める。それができることが現実を見つめることなんだと思います。


 もう少し詳しくお話させていただくと、ぼくはかなりの空想家、理想家です。と言うことは、現実よりも理想や空想の世界を重視します。これは将来なりたい自分などはかなりイメージができていますので、そう演じることを意識していますので、かなり自信があるように見えます。しかし、今の現実を見つめることなく、プライドが高く、自信が強くて、自分に甘く、根拠のない自信があります。具体的な努力を嫌い、現実を知った瞬間に落ち込む性質があります。だからこそ、現実を知る前に空想に励むのですが。

 このタイプは、ある程度自分は何でもできると思っているので、何もできない自分がいたときに他人のせいにしたり、環境のせいにしたり、これはいつもの自分じゃないと自分を否定します。本当に自分が何ができるかもわからないのににも関わらずです。

 このタイプに必要なことは、しっかりと現実を見つめ、自分の理想とするイメージと今の自分のギャップを埋める作業が必要になります。そのギャップを埋めるためには何が必要なのか、しっかりと考える必要があります。最近起業したいという若い人に多いのはこのタイプなんじゃないかと自分では思っているのですが、理想と現実を埋める作業をぜひやってほしいし、自分は今その作業中だと思います。

 ぼくには障害のある人の分野で活躍したいという理想像があります。そのためには自分はビジネスでの成功が必ず必要なのですが、今その理想像とビジネスでの成功と言う現実とのギャップを埋める作業をしています。

 そして、あまりにも現実的で理想や夢を持たない、持てない人もいますが、それでは現実を見つめるのみで、理想へ向かっていくパワーがないため現状維持の人が多いのではないかと思います。ただ、日々仕事をこなすということでは、このタイプの人の方が問題なくこなせると思います。

 理想家の人には現実をよく見つめてほしいし、現実家の人にはもっと理想、夢を持ってほしい。それが現実を見つめることなんじゃないかと最近思うのです。そんな独り言。

彼女のこと

 今日は大学のゼミの連中と久々に飲みに行ったわけですが、その途中で別れた彼女がうちに残した彼女の荷物を飲みの場を少し抜けて渡しにいきました。彼女は、少し元気がないようで、その顔を見たら、元気にさせなきゃと言うことで、妙に明るく振舞う自分がいました。

 荷物を渡して少し話したのですが、お互いがお互いを理解することもなく、信頼関係ももうないので、何を話ししても、すれ違いばかりで、話が堂々巡りです。そして、結局、最後はケンカ別れのように別れてしまいました。

 彼女とはもう関係の修復も不可能だと思っていたので、それは悲しくないと言ったら嘘になるけど、もっと上手な別れ方はなかったのかとすごく残念に思っています。どうしてもっと話をしなかったのか。あの時、あんなことをやったのか。自分が傷ついたことをそのまま相手にぶつけるだけじゃなくて、なぜそんなことをやったのか、もっと話をすればよかった。いつも穏やかな彼女の信頼をなくすと言うことはきっとぼくはかなりひどいことをやったのだと思う。

 そして、話をしたときは、自分を正当化したいため、あたかも彼女が悪いと言うようなことを言ってしまったと思う。仕事が遅くなって彼女に会えなくて信頼をなくした時も、事前に仕事の重要さや自分に惚れさせる努力が足りなかったのだと今になって思う。冷静になって今考えると全てきちんと話をしない自分が悪かったんだと感じている。

 ただ、この問題は別れる別れないで終わる単純な話ではなさそうなので、今後もぼくの問題事項としてあがってきそうな雰囲気なのですが(苦笑)、とにかく、彼女とケンカ別れになってしまったのが、すごく悔しい。なぜもっと上手に二人の関係を築けなかったのか。それが悔しい。

 今たまたまケツメイシを聞いていたら、すごく自分の心境にマッチする曲があった。

 失恋

 仕事に対する責任と 君に対しての無責任の境目
 長い目で見ると 二人歩き出したのに 変わるもんだね
 ずれ始める 真面目の俺の 不真面目な時間でずれる価値観
 勘違いで生まれるケンカもなく 会っても会話すらもなく
 楽な関係になったつもりも 逆に退屈で苦痛な時を
 過ごすより 二人より 一人の日 増えてったお互いに

 仕事の責任感と彼女に対しての無責任の境目ってホントにむずかしいと思う。会社で飲みに行って、彼女との約束を守れなくて、午前2時、3時に電話することもあった。それで価値感が正直ずれたと思う。それが勘違いが生まれたけど、きちんと話をしなかった。ケンカもしなかった。ホントにそれがダメだったんだと今になって気づいた。

 なんとまとめてよいのかわかんないけど、これが今の気持ち。そして、素敵な思い出をくれた彼女には、また会うことがあれば、「ありがとう」と伝えたいです。

入社前夜

 結婚前夜ならぬ入社前夜なのですが、学生最後の睡眠なわけで、今日寝たら社会人となるわけですが、まぁ最後の夜なので、大学4年間でも振り返りながら思いつくままに色々書こうかなと思います。

誰しも四種類の自分がいる。

「誰もが知ってる自分」
「他人しか知らない自分」
「自分しか知らない自分」

そして、
「誰も知らない自分」。

「他人しか知らない自分」を教えてくれる人を大切にしよう。
「誰も知らない自分」を発見して教えてくれる人を愛そう。

 ぼくは、話し方が断定的だとよく言われます。それは、中学生くらいの時から親にも言われていて、今でもよく言われるのですが、注意しているから昔よりは少し落ち着いたと思います。

 今日、友達と喋っていて、そんな話になったのですが、その中に「人それぞれ」というキーワードが出てきました。寝たいんだけど、そのキーワードがどうしても頭から離れず、寝れないのでこのことを書きたいと思います。

占ってみました。

 何かすごい当たるとのことだったので、占ってみました。占ったら、ビックリでした。あってる、うん。

 で、占いはこちら。で、結果は、、、

獅子座AB型男性のあなたは空のように心が広く、海のように深い知的魅力を備えた情熱家

空のように心が広く、海のように深く考える知的な魅力にあふれる男性。といっても暗く沈みこんだタイプではなく、あくまでも陽気で輝くような情熱をプライドの持ち主。計算され尽くしたスマートな社交性は、周囲の女性をトリコにする素質十分。

トリコにできていませんが、何か?

話題も豊富で落ち着いた話し振りは、女性のハートを捕らえて話しません。

話しませんって、喋ってないやん!ってか、離しませんだろ。
ってか、もしかしておれが気付いてないだけで、話し振りでハート捕らえてる??
どうよ?女性陣??(笑)

あらゆる本を読み、あなたの読書量は相当なもの。それがまたあなたの人柄にプラスしているのです。ですがややもすると、批評家的になりやすく、理屈っぽくなり煙たがられる傾向も大いにあるタイプ。欠点はただ好き嫌いがはげしいこと。反省が必要かも。

嫌いなものは嫌いです。でも、好きなものは好きなのです。

女性との付き合い方は、とてもスマートで、寛大な包容力のある男性。取り巻く女性は多く人気も抜群。たくさんのガールフレンドの中で、意外と深く付き合う女性は少ないのです。というのも批判精神に長けているので。自分の好みのタイプでないとどうしても心を開く気になれません。

当たってるのが、むかつくわ。(笑)

お気に入りの女性に出会い、その恋に真実の炎を燃やすには、長い年月と、自分自身の納得が必要。本当に「ウルサ型」という呼称がピッタリ。

余計なお世話じゃー!!

結婚に関しても同じ事で、まずあなたをよく理解してくれて、いつも自分中心でいられるような女性を、と目を光らせています。夫になれば情熱的で誠実な愛を妻子の上に降り注ぐ男性。

おれもそう思う。(笑)

独力で自分の人生を切り開くタイプ。あなたがその能力を発揮できるのは、人の上に立ちながら、人に自分の考えを伝えることで、いつのまにか人を感化してしまうというタイプの仕事。縁の下の力持ち的な仕事についている限り、仕事のやり方や考え方で衝突し、職場の風当たりも強くなり、あまり自分のためになりません。強い理性で人を引っ張っていく力を持ち合わせているので、経営や政治家、官僚関係といった職業で成功する男性。

よくわかってんじゃん。(笑)

肝臓機能が普通の人より低下しているのがチョッと気になります。やはり一番の原因は疲労。無理がの利くは若いうち。もう少し自分の健康管理に、目を向け、中年以降は定期健康診断などを受けることを忘れずに。

はい、了解しました。

相性


相性の良い女性は天秤、双子座のA、AB型と獅子、水瓶、牡羊、射手座のA型女性。これらの女性は、男性の激しい情熱に対して、辛抱もしますし、また粘り強く愛に合わせる研究など、自然にでき、楽しい二人の愛の姿を築いてゆけるとても相性の良いカップル。

えー、天秤、双子座のA、AB型と獅子、水瓶、牡羊、射手座のA型女性は我が家に大集合です。(笑)

逆に相性の悪い相手は、牡牛、蠍座のO型と蟹、蠍座のAB型女性。会えば必ずケンカで、彼女達は避けたほうが無難。

牡牛、蠍座のO型と蟹、蠍座のAB型女性は気をつけてね。(笑)

何か当たりすぎてて、むかつくわー。(笑)

 今雨が降っているので、止まないかなぁとちょっと様子見しているので、もう1個、書いてみる。

 実家から二十世紀梨が届いたわけだが、オフィスに持ってきて食べている。梨は切って食べるわけだが、オフィスにいる人の分も切ってあげている。切って、自分だけ食べるわけにはいかないしね。それよりも、自分が育った地の名産を東京の人に食べてもらうということは、嬉しいことだし、みんなで食べることは楽しいのだ。

 だから、家ではめんどくさくて、梨を食べない。それは、切って一人で食べても楽しくないからである。料理も一緒だと思うけど、どんなにめんどくさい料理でも、自分ひとりで食べるんじゃなくて、一緒に食べてくれる人がいたら、どんなにめんどくさい料理でも気合が入るし、楽しいものだと思う。

 その人が喜んでくれる顔、おいしいと言ってくれることを想像しながら切っているのは楽しい。でも、基本的に皮をむくのは、めんどくさい。だから、1人では楽しみは半減するので家で梨は食べないのだ。

 だから、梨がほしい人あげます。それか、家かオフィスに来てくれたら、梨を切ってあげますよ。一緒に梨を楽しみましょう。(笑)

 ってか、雨は止みそうにないので、諦めて帰ります・・・。

笹塚のおかしさ

 私、京王線のユーザなので、毎日笹塚を通る訳なのですが、その笹塚でおかしな表記を発見。

 電車内で、「次は 笹塚」という電光掲示板がありますが、その英語版があるでしょ?「Next station is Sasazuka.」ってね。ここにも書いてあるけど。

 ここが問題ですよ。Sasazukaな訳ですよ。漢字変換してもらうとわかると思うけど、「笹塚」の「塚」って「づか」だから「ZUKA」じゃ変換できないのですよ。「ささづか」であって、「ささずか」ではないわけです。でも、京王線のローマ字表記は、「Sasazuka」ですよ。おかしい。

 確かに、「Sasaduka」より「Sasazuka」の方がかっこいいんだけど、正確性を求めるならおかしいでしょ。この表記をしている京王も気付いているのでしょうか?正確さよりかっこよさ重視な訳でしょうか?

 なぜだー!知ってる人、プリーズ、テルミー。

自己紹介


矢辺卓哉(やべっち)

田舎で農業・電気通信工事士、東京で障害者雇用支援という田舎・東京を行き来する生活をしながら、エネルギーの地産地消、環境負荷の低い・企業だけに頼らない生き方を模索中。株式会社よりよく生きるプロジェクト代表取締役

「人生を味わいつくせる人を増やす」がミッション。

私が考えるノーマライゼーションについて

障害の表記について

facebook


月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
障害者活躍白書バナー

つぶやき


最近のコメント

27歳になりました
  • えむら : 09/08/07
  • やべっち : 09/08/13
大切なあなたへ
  • sack'n : 06/05/20
  • ねり夫 : 06/05/20
  • K-JUN : 06/06/05
  • たつや : 06/06/11
  • みきこ : 06/06/18
笹塚のおかしさ
  • 涼子 : 04/07/21
  • まいごろう : 04/07/21
  • simon : 04/07/21
  • やべっち : 04/07/21
  • どぅー : 04/07/21

最近のトラックバック