実家から梨が届いた。

 今雨が降っているので、止まないかなぁとちょっと様子見しているので、もう1個、書いてみる。
 実家から二十世紀梨が届いたわけだが、オフィスに持ってきて食べている。梨は切って食べるわけだが、オフィスにいる人の分も切ってあげている。切って、自分だけ食べるわけにはいかないしね。それよりも、自分が育った地の名産を東京の人に食べてもらうということは、嬉しいことだし、みんなで食べることは楽しいのだ。
 だから、家ではめんどくさくて、梨を食べない。それは、切って一人で食べても楽しくないからである。料理も一緒だと思うけど、どんなにめんどくさい料理でも、自分ひとりで食べるんじゃなくて、一緒に食べてくれる人がいたら、どんなにめんどくさい料理でも気合が入るし、楽しいものだと思う。
 その人が喜んでくれる顔、おいしいと言ってくれることを想像しながら切っているのは楽しい。でも、基本的に皮をむくのは、めんどくさい。だから、1人では楽しみは半減するので家で梨は食べないのだ。
 だから、梨がほしい人あげます。それか、家かオフィスに来てくれたら、梨を切ってあげますよ。一緒に梨を楽しみましょう。(笑)
 ってか、雨は止みそうにないので、諦めて帰ります・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)