全国の障害者手帳所持数について

 皆さん、こんばんは。衝撃の事実がわかり、このようにブログを書いております。何が衝撃かというと、日本の障害のある人の数はどれくらいかご存知でしょうか。

 一般的には、約740万人と言われており、障害者白書にも
 身体障害児・者:366万人
 知的障害児・者:55万人
 精神障害児・者:323万人 となっております。

 しかし、厳密にはこの数字だけが障害者数ではないということがわかりました。

 ことの発端は、各都道府県にどれくらい障害のある人が住んでいるのか、障害のある人の割合を調べようと思い、厚生労働省に問い合わせたことでした。障害のある人の数はわからないが、各都道府県における障害者手帳の発行数なら資料があるということで、教えていただきました。

 データのある場所は、e-statという政府統計の総合窓口にあります。ここからキーワードで身体障害、知的障害は「社会福祉行政」で検索し、精神障害は「衛生行政」で検索した先にデータがあります。

 で、そのデータを集計したところ、障害者白書とはこんなに違いがありました。

 ■障害者白書の障害者数     ■全国の各障害の手帳発行数
 身体障害児・者:366万人     身体障害児・者:503万人
 知的障害児・者:55万人      知的障害児・者:78万人
 精神障害児・者:323万人     精神障害児・者:77万人

 身体障害が1.5倍近い差となっております。なぜこのような差が出ているのかを改めて厚生労働省に聞いてみました。そうすると、障害者白書の障害者数は、「身体障害児・者実態調査」などの調査をもとに作られているからだそうです。この調査は、全国の障害のある人にアンケート調査を依頼し、回答されたものをベースにとある係数がかけられているとのことでした。

 ただ、障害者手帳を所持したくてもできない人もいるので、一概にこの数字が障害者数にはなりませんが、特に障害者雇用に関係する人はこの数字を覚えておくとよいと思います。

“全国の障害者手帳所持数について” への2件の返信

  1. やべっちさん、素晴らしいと思います。
    私は学生です。今は夏休みで作文を書こうと思いました。
    内容は「人権について」です。人権にもいろいろありますが、私の友達のほとんどが、いじめについて作文を書きます。私は、障害について作文を書こうと思います。障害と言ってもよく分からないので調べてみました。
    そうしたら、やべっちさんのサイトを見つけました。いろいろ情報があって、障害について少し分かりました。作文の参考にさせて頂きます。

美優子 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)