入社1週間で気づいたこと

 入社して一週間が経ったわけですが、最近入社してから気づいたことがあります。土日のうちに書こうと思ったんですが、遅くなりました。で、気づいたこととは、単刀直入に言うと自分がいかに生意気だったか、ということです。

 ぼくはある程度「自分」があると思っていますし、それなりの知識や技を持っているつもりでした。なので、会社内で自分を多少アピールしていました。

 しかし、それと同時並行で、社内で何だか本当の意味で仲間になっていないなぁと感じていました。もちろん、それは会社の人たちが悪いと言うことではなく、自分が何となくそう感じていました。

 なぜ、そう思ったのか突き詰めてみたら、自分は認められていないんだと感じました。つまり、業績を上げず、会社に貢献していないので、真の意味で会社の人たちと信頼関係が築けていなかったし、お互い尊敬しあえる仲間ではないんだと感じました。そんな状況で、自分をアピールしても、極端なことをいうと「誰だこいつ。」という話になるわけで、「生意気だ。」という風になるわけで。

 そういう意味で、会社は業績をあげるところなんだと思いました。業績をあげれば、社内での発言力も上がるし、アピールできる。業績をあげれば、誰にも文句は言われない。

 じゃぁトップになってやろうと。トップになって、思う存分「自分」という存在を知ってもらおう、とこの1週間で思いました。さて、そんな状況に行くまでにどれくらいかかるかわかりませんが、与えられた目標は超えていくそんな存在になりたいと思います。

 こんなことを入社1週間で感じました。さてさて、来週のサザ…ではなく、来週は何が起こるでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)