今日気づいたことと決意

 10月に入ってモチベーションが↓な、どうもぼくです。うちの会社はベンチャーなので、先月末の会社の目標達成、個人の目標達成の状況を見て、今月の目標を決めるので、今月の会社&個人の目標がわかるのに2,3日時間が掛かります。

 ぼくは、目標が書かれたホワイトボードを見て、ぼーっとする時間がとてつもなく好きで、それを見ながら自分の目標達成率を把握して、これからどう動くか考えるので、その時間がないとモチベーションが↑らないのです。しかも、今は今月の目標もわかっていない状況。そして、半期が終わり、その達成感から多少気も緩んでいます。

 そう思っていた今日、営業が終わってカフェに入って「何だかテンションあがんねーなー」と9月終わりの自分の働き方と今の自分を比べたところ、仕事への姿勢、量、質ともに格段の差があることに気づきました。そのときぼくが思ったのは、このままじゃダメ人間になるなと。ぼくが思い描いている理想像に近づくためにはこんなもんじゃだめだと。

 ぼくには自分の理想像があって、目標があって、やりたいことがあって。それに確実に向かっていくには今の自分のモチベーション、仕事のやり方では、とってもだけどスピード感をもって進んでいけない。

 そう思ったときに、ふと「さぁ?やるかぁ?」って仕事へのスイッチが入った。あぁ?これがセルフモチベーションねと。今までは人に与えられた目標とか外的要因でモチベーションをコントロールされてきたわけですが、自分がこうなりたい、こうしたいという思いを自分の中で考えることでモチベーションって充分コントロールできるんだって、言葉で書くとすごくありきたりで、当たり前の話みたいだけど、今日本当に実感しました。

 人に管理される人間じゃなくて、自分で動ける人間、自分で自分をコントロールできる人間になれるきっかけに今日気付いた気がします。この感覚と方法は忘れたくないですね。どんなに厳しい状況や苦しい環境でも常にこれを意識して、でも今の目の前のこともしっかりこなしながら、前、将来に向かっていきたい。

 あと、決意ですが、どんな状況下、どんなことが起こっても苦しい顔を見せることなく、颯爽と仕事はこなしていきたい。自分が上に立ったときを考えたときに、上司、先輩が苦しい顔して仕事していたらいやでしょ。(笑)

 そして、それだけじゃなく、どんなに苦しい環境、状況でも、大きな目標やめんどくさいことであっても、それを颯爽と笑顔でこなしていく人間ってカッコいい。そして、颯爽と笑顔で仕事をこなしているんだけど、確実に目標はこなす。ふつうに仕事しているだけに見えるけど、見えないところですごく努力して、工夫して、考えて仕事をしている。

 それがぼくは理想のリーダー、上司像であったりするので、ぼくは仕事はそういう風にこなしていきたい。それが今後のぼくの決意。「目標は絶対やる」がぼくのモットーですが、それとともに颯爽と笑顔で仕事をやることも付け加えたいと思います。

 さぁここから下期の本格的スタートです。がんばっていきますかぁ?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)