「ありがとう」とは?

 私たちがよく使う「ありがとう」という言葉。その「ありがとう」の言葉について思うことがあるため、エントリーを書いていきます。

 「ありがとう」を漢字で書くと「有難う」(ありがたう)となります。つまり、本来、「ありがとう」とは、とても有ることが難しいことに対して、感謝の意味を込めて、「ありがとう」と伝えるのではないでしょうか。

 それでは、私たちは、「ありがとう」を本来の意味で、「ありがとう」と伝えているでしょうか?そもそも「ありがとう」と言っているでしょうか?

 つい、私は、ものの大小、自分が感じる価値のありなし、カッコの良し悪しだけで判断してしまいます。そして、周りの協力や努力、存在が当たり前だと思い、感謝しなくなります。

 そもそも、友人、知人、会社などのどんな人も、1円だろうと、「あること」自体がそもそも難しいことなのです。だからこそどんな人やものも素晴らしいのです。そこに価値の大小はないはずです。しかし、私たちは、今素晴らしいものが「あること」を忘れ、つい他人と比べ、競争し、憎しみ、嫉みあってしまう。

 常に今あるものに感謝し、いつも「ありがとう」(あることが難しい)の気持ちを持って、日々生活していきたいものです。

 いつもありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)