あなたは何歳ですか?

年齢とはナンバーでしかない。14歳の年寄りもいれば、140歳の若者もいる。
年齢に一喜一憂してしまうのがひとの常。しかし、年齢なんてただの記号にしか過ぎない。
年齢を気にするよりも、自分の内面に目をむけよう。挑戦・希望・情熱・向上心・冒険心といったものが心の中にどれぐらい存在しているだろうか?それらがある限り、決してひとの精神は老いることはない。
いつまでも「若者」でいられるよう、自分の心のメンテナンスやリフレッシュを忘れずに。
http://vitamin.staba.jp/archives/000123.html
これを読んでなるほどなぁと思った。特に最後の文。
いつまでも「若者」でいられるよう、自分の心のメンテナンスやリフレッシュを忘れずに。
ぼくはインターンをやっていた関係かよくスーツを着ていた。
そのためか学校の友達にはよく「リーマン」(サラリーマンの略ね・笑)と呼ばれた。
それと同様によく「老けた。」と言われた。(最近は、もとに戻ったみたいだけど。笑)
そのときは、自分の心の気になる点(仕事や私生活)をそのままにしていて、いろんな失敗をしたし、ストレスを溜め込んでいて仕事がうまくいっていなかったところもある。
それでも、仕事ばっかりやっていたし、仕事さえやっていればいいと思っていた。
それをこの文章に当てはめると、
挑戦・希望・情熱・向上心・冒険心はもっていたが
自分の心のメンテナンスやリフレッシュをしていなかったいうことになるのではないかと思う。
「老けた」といわれた原因は、自分の心のメンテナンスやリフレッシュを行なっていなかった結果なのではないだろうか?
挑戦・希望・情熱・向上心・冒険心だけではなく、自分に対する思いやり、メンテナンスは
仕事を成功させたり、自分を成長させ、自己実現させていくためには重要なものであるのだ。
ぼくにはそこが欠けていたのだろう。
今後は、いつまでも、何歳までも「若者」と呼ばれるために、自分に対するメンテナンス、思いやり、リフレッシュも注目し、大切にしていきたいと思う。

3 Replies to “あなたは何歳ですか?”

  1. いつまでも若者でいるためには

    年齢とはナンバーでしかない。14歳の年寄りもいれば、140歳の若者もいる。 年齢に一喜一憂してしまうのがひとの常。しかし、年齢なんてただの記号にしか過ぎない。 年齢を気にするよりも、自分の内面に目をむけよう。挑戦・希望・情熱・向上心・冒険心といったものが心の…

  2. こんにちは、ビタミンXの佐助です。
    トラックバックありがとうございます。
    この記事は自分の中で1番気に入っているので、共感して頂けるかたがいると「書いてよかったなー」ととてもうれしいです(笑)。
    あと、実は私も阪神ファンです。^^
    これからもよろしくお願いします。

  3. コメントまでいただきありがとうございます。
    前使っていたBlogは、Trackbackができなかったのですが、MTに変えたので、Trackbackさせていただきました。
    今後も色々Trackbakcさせていただくと思いますが、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)